0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

小児歯科

健康な体は健康な乳歯から
歯周病とは
「子どもの歯はどうせ生え変わるし、ちょっとくらい虫歯になっても大丈夫」
「永久歯になってから気をつければいい」
と思っていませんか?
でも、乳歯と永久歯の歯の健康は切り離せるものではありません。乳歯のケアをおろそかにしてしまうと、そのツケが永久歯に現れてくる、なんていうことにもなりかねないのです。
お口が健康だと体の健康も保ちやすくなります。一生健康なお口を目指すためにも、お子さんのうちから小児歯科でお口のケアを始めましょう。

乳歯の健康が損なわれると・・・

乳歯の健康状態は永久歯に比べて軽視されがちです。でも、乳歯が虫歯になってしまうと、次のような困ったことが起こる可能性があります。

お子さんが辛い思いをしてしまいます

お子さんが辛い思いをしてしまいます
子どもの虫歯は進行しやすい傾向があります。少し放っておくだけですぐに神経に行ってしまうことも珍しくありません。神経に虫歯が達すると激痛でお子さんが苦しい思いをしてしまいますし、治療するのも大変になることがあります。

永久歯の歯並びが悪くなることがあります

永久歯の歯並びが悪くなることがあります
乳歯の虫歯がひどくなって抜歯になると、抜けた部分のスペースに周囲の歯が寄ってきて、その後に生えてくる永久歯の場所がなくなり、歯並びが悪くなる原因となります。

永久歯の質や色に影響することがあります

永久歯の質や色に影響することがあります
乳歯の虫歯が進行して根の周囲が化膿すると、その奥にある永久歯が変色してしまったり、歯の質が弱くなってしまったりすることがあります。

お顔が歪んでしまうことがあります

お顔が歪んでしまうことがあります
乳歯が虫歯になり、そちら側で噛めずに反対側ばかりで噛んでいると、骨格の成長に影響が出て顔が歪むことがあります。また乳歯から永久歯への生え変わりの段階で歯並びが崩れると、それに伴って骨格が歪むこともあります。

子どもの歯は弱い!?どんな特徴がある?

虫歯にかかりやすい
乳歯や生えたばかりの永久歯は質が弱く、大人と比べて虫歯にかかりやすい傾向があります。そのため、より入念にケアをする必要があります。

虫歯にかかりやすい
お子さんの虫歯は大人とは違って急速に進むパターンが多くみられます。そのため、油断しているとあっという間に奥に進んでしまうことも珍しくありません。

虫歯にかかりやすい
お子さんの虫歯の特徴として、穴が小さくて中で大きく広がっているものが多く、あまり色のついていない虫歯が多い傾向があります。そのため、パッと見ても気づかれにくいことがよくあります。

虫歯にかかりやすい
お子さんは痛みの感覚が未発達だと言われており、かなり奥に虫歯が進行していても痛みを感じにくいとされています。

このように、子どもの歯は、以上のように、大人の歯とはかなり違う特徴を持っています。それゆえ、早期発見、早期治療のためにも、定期的な検診を受けることが大切です。

乳歯の生え変わり、こんな時はご相談ください

ずっとグラグラしてるけど抜けない・・・
通常、生え変わりの時期が来ると、乳歯が揺れ始め、だんだんグラグラが強くなって自然に抜けることがほとんどですが、なかなか抜けないケースもあります。場合によっては乳歯の歯根の吸収がうまく行っていないこともありますので、グラグラの状態があまり変わらないようであれば一度受診をおすすめします。

乳歯が抜ける前に永久歯が出てきちゃった・・・
永久歯がだんだん上がってくると、乳歯の歯根が溶けて抜け落ち、そのあとに永久歯が生えてくるのが普通です。でも、永久歯の位置が本来の位置からずれていると、乳歯の横から永久歯が生えてくることがあります。

反対側が生え変わったのにまだ抜けない・・・
生え変わりというのは、左右の同じ種類の歯がだいたい同時期に起こります。そのため、片方が抜けたらもう片方も引き続き生え変わりが起こります。もし何ヶ月も経っても生え変わりの気配がないようであれば、一度診てもらいましょう。

乳歯が抜けたのに大人の歯が出てこない・・・
通常は、乳歯が抜けてからすぐに永久歯は生えてきますが、なかなか生えてこない場合にはなんらかの異常があるケースもあるので、一度レントゲンを撮った方が安心です。

乳歯で歯がボロボロになってる・・・
乳歯が虫歯でボロボロに壊れている場合、きちんと抜けない場合があるので、歯科で抜くのをおすすめするケースもあります。

小児歯科で行なっている内容

定期検診

定期検診
定期的に虫歯のチェック、歯並びのチェックを行います。虫歯にかかりやすく、生え変わりによるお口の変化が目まぐるしい子どもの時期は、3ヶ月ごとくらいに検診を受けるのが安心です。

虫歯治療

虫歯治療
お子さんの年齢や虫歯の状態に合わせて、お子さんが自然に治療を受け入れてもらえるような工夫をしながら、無理なく治療を行なっていきます。ただし、痛みなど急を要する場合には、保護者の方と相談の上、必要な治療を進めることもあります。

予防歯科治療

フッ素塗布

フッ素塗布
歯の質が弱い時期には、歯質を強化するフッ素の定期的な塗布がおすすめです。定期的に行うことにより、虫歯に負けない強い歯を作ります。

シーラント

シーラント
虫歯になりやすい奥歯の溝に材料を埋めてデリケートな歯をしっかりと保護します。歯は削らないので痛みを感じることはありません。

新着情報