0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

インプラントロケーター

インプラントを使って動かずしっかり噛める快適な入れ歯を
インプラントロケーター

入れ歯が動いてしまう、外れやすい、しっかりと噛めないというようなことでお悩みの方はいらっしゃいませんか?特に下の総入れ歯は、歯茎を覆う面積が少ないので、十分な吸着が得られずに入れ歯が動きやすい、ということはよくあることです。そのような方におすすめなのが、インプラントロケーターです。インプラントロケーターなら、しっかりと固定され、安定した入れ歯を入れることが可能になります。

外れない、しっかり噛める、快適な総入れ歯が可能に
外れない、しっかり噛める、快適な総入れ歯が可能に
インプラントロケーターは、インプラント義歯やロケーター義歯と呼ばれることもあるもので、顎の骨にインプラントを最少本数2本埋め込み、そのインプラントと入れ歯の内面をしっかりと固定させることで入れ歯を安定させます。このシステムにより入れ歯が動かず、しっかりと噛めるので、入れ歯の使い心地が格段に良くなります。

こんな方におすすめ

総入れ歯が合わずに不満な方

総入れ歯が合わずに不満な方
入れ歯が安定しない、外れてしまう、しっかりと噛めない、歯茎に擦れて痛い、えづきやすい、というような症状で入れ歯がなかなか馴染まない方

なんでもよく噛みたい方

なんでもよく噛みたい方
なんでもしっかりとよく噛めるようにして、お食事を存分に楽しみたい方

お身体や金銭面の負担を抑えたい方

お身体や金銭面の負担を抑えたい方
お身体や金銭的な負担をできるだけ抑えたインプラントで、入れ歯の使い心地をよくしたい方

インプラントロケーターのメリット・デメリット

メリット
入れ歯の不便さが解消されている
インプラントロケーターは、インプラントと入れ歯がしっかりと固定されます。それゆえ、入れ歯が動くことなくしっかりと噛むことができ、入れ歯が粘膜に擦れて痛みが出るということもなくなります。また、入れ歯の安定を吸着にたよる必要がないため、入れ歯を小さくすることができ、吐き気や違和感が大幅に改善します。
お体や治療費の負担を減らせる
インプラントロケーターは、埋め込むインプラントの本数が最少2本で済むので、お身体の負担、治療費の負担を抑えることができます。
清潔を保ちやすい
入れ歯と同じように、取り外して洗えて手入れがしやすく、また、洗浄剤につけたりすることもできるので、入れ歯を簡単に清潔に保つことができます。また、インプラント部分のお掃除も簡単に行うことができます。
既にお使いの入れ歯を利用できる
患者様ご自身がすでにお使いの入れ歯をそのまま利用することも可能です。
見た目が良い
骨や歯茎が大幅に痩せてしまっていても、入れ歯によって内面から口元やお顔の張りを取り戻すことができます。部分入れ歯に適用する場合、通常部分入れ歯にあるような周囲の歯にかかる金具が必要ないため、見た目が自然になります。
デメリット
手術が行えない方には適用できない
インプラントを埋め込む手術が必要になるため、お体の状態が原因で手術が行えない方や、手術に抵抗がある方には向いていません。
保険がきかない
インプラントロケーターは保険適用ではありませんので、保険の入れ歯と比べると高額になります。
固定式装置をご希望される方には向かない 
インプラントロケーターの人工歯部分は取り外し式ですので、固定式の装置(取り外しできない装置)をご希望される方には不向きです。
お口のケアがきちんとできない方には向かない
インプラント部分は、天然の歯よりも細菌感染に弱いため、ご自分の歯以上に丁寧に細やかなケアが必要となります。ケアを怠るとインプラント周囲が感染して抜け落ちることがあるため、しっかりとお手入れができない方には向いていません。

インプラントロケーターの治療ステップ

1.インプラントを顎に埋め込む

インプラントを顎に埋め込む
顎の骨に最少2本のインプラントを埋め込みます。

2.ロケーターを装着する

ロケーターを装着する
インプラントが骨と結合したら、インプラントにロケーターという留め具を装着します。

3.入れ歯内面に留め具を装着する

入れ歯内面に留め具を装着する
入れ歯の内面に、インプラントのロケーターとくっつく留め具を埋め込むように装着します。

4.完成

完成
かみ合わせなどを確認し、必要に応じて調整を行います。問題がなければこれで治療は終了です。

治療が終了した後は、長く良い状態でお使いいただけるよう、定期的なチェックとメインテナンスを行っていきます。
天然の歯のような見た目、使い心地は まるで自分の歯のような感覚
インプラント

歯を失った時の治療法として、入れ歯やブリッジのような従来からの治療法は存在しますが、インプラントほど自然な感覚が得られる治療法というものは、現在のところありません。
インプラントの基礎知識、メリット・デメリットなどを紹介します。

患者様にしっかり向き合う、心のこもった治療
心のこもった治療

インプラントが出来る歯科医院はたくさんあります。
そんな中、どの医院がいいのか決めるのは大変だと思います。
当院がどの様なインプラント治療を行っているのか、その特徴をまとめました。
10年後、20年後になっても、「この歯科医院を選んでよかった」と思っていただけるような、患者様に信頼していただける歯科医院であり続けること、これが私たちの目標とする歯科医院です。

インプラントを使った快適な入れ歯インプラントロケーター
インプラントロケーター

あごの骨に少数のインプラント(最小本数2本)を埋め込み、磁石などの力で入れ歯としっかりと固定をする、というシステムです。通常の入れ歯と違い、しっかりと固定されて動かないので、ものがしっかりと噛め、外れるストレスがありません。またインプラント本数が少ないので、費用も低く抑えられます。

歯を全て失った方、ほとんどない方へ、オールオン4
オールオン4

最少本数4本という少数のインプラントで連結した人工歯を支え、しっかりと固定します。骨が極端に痩せてしまっていても、骨移植などを行わずにインプラント治療が可能で、埋め込んだその日からお食事することも可能です。インプラント本数が少なくて済むので、治療費やお身体の負担も最小限です。

新着情報