0587-95-7100
ネット予約
CLINIC施設・設備

CTスキャン

レントゲンでは見えないところでもCTなら確実に診断できます
ct
歯科治療では、目に見えない歯の内部、あごの骨の内部といった部分も多く扱います。それゆえ、内部の状態を見ることのできるレントゲン写真は、歯科治療を行う上で欠かせないものです。しかし、レントゲン写真には限りがあり、平面的なイメージしか見ることができません。そのため大体の情報しか得ることができず、結果的にレントゲンでよくわからない部分は歯科医師の勘に頼る治療になってしまうことも少なくありません。
目に見えない部分の歯科治療を正確に、安全に行うためには、より確実な診査・診断ができなければなりません。そこで、当院ではお口内部の情報を精密に得ることのできる歯科用CTスキャンを院内に導入し、正確な診断のために、そしてあらゆる歯科治療を安全かつ正確に行うために活用しています。

歯科用CTの必要性

歯科用CTの必要性

1.立体的な状態を正確に知ることができる

立体的な状態を正確に知ることができる

通常のレントゲン写真では、立体のものを無理やり2次元(平面)の画像として表示します。それゆえ、骨の厚みや正確な形、奥行きといった3次元的(立体的)なイメージがわからないだけでなく、歪みなどによって正確な情報が得られないこともあります。

それに対し、CTは立体的な状態を正確に把握できますので、確かな情報に基づいて、確実な治療を行うことができます。

2.神経や血管の位置が正確にわかる

神経や血管の位置が正確にわかる
レントゲン写真の場合、神経や血管の位置を正しく知ることはできませんが、CTの場合だと正確に把握できるため、インプラントのような骨の内部におよぶ手術の際に、安全に治療を進めることができます。

3.骨の密度がわかる

骨の密度がわかる
レントゲン写真の場合、神経や血管の位置を正しく知ることはできませんが、CTの場合だと正確に把握できるため、インプラントのような骨の内部におよぶ手術の際に、安全に治療を進めることができます。
歯科用CTを院内に設置すると・・・?
  1. CTのない歯科医院に比べ、診断を正確に、確実な治療を行うことができます
  2. 検査結果がその場ですぐにわかります
  3. CTの撮影のために、大きな医療機関へ行っていただく必要がありません
  4. 院外で撮影する場合と比べ、費用が安く済みます

歯科用CTと医科用CTの違い

当院では、歯科用CT装置として、CTスキャン(KaVo 3D eXam)を導入しています。歯科用のCTは医科用と比べ次のようなメリットがあります。

aaaa
撮影時に使用するX線の照射量が医科用CTに比べ、約1/10と、被爆量が非常に少ないので安心です。

aaaa
超高解像度画像から広範囲撮影まで可能で、医科用CTの約5倍の情報量を得られるため、高画質です。また、ソフトウェアにより、お口の状態を3次元的に可視化して画面に表示することが可能です。

aaaa
医科のものと違い、座ったままで撮影できるので、楽です。

aaaa
セッティングから撮影までの時間が医科のものに比べて短くて済みます。

歯科用CTは様々な歯科治療で活躍します

インプラント

インプラント
骨の状態、形、骨の内部の血管や神経などの場所を正確に知ることができるので、インプラント を安全で正確な位置に埋め込むことができます。

親知らず診断・抜歯

親知らず診断・抜歯
あごの中の神経や血管の位置を詳しく知ることができるので、深く埋まった親知らずを抜歯する際に、安全に治療を進めることができます。

根の治療

根の治療
レントゲンでは正確に把握しづらい歯根の形を、立体的に正確に知ることができるので、根の治療の精度が高まり、治療の成功率や予後に大きく差が出ます。

歯周病治療

歯周病治療
歯の周囲の骨の状態を全体的に細かく把握することができるため、歯周病治療の精度が大きく高まります。

新着情報