0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

インビザライン®の治療期間

デジタル技術で無駄の少ない、スムーズな治療
インビザライン

インビザライン®は、新しいデジタル技術を取り入れた従来とは異なる矯正システムで、効率よく矯正治療が進められる工夫がなされています。マウスピースだとあまり歯が動かないのではないか、と思われることがありますが、実際の治療期間は従来のワイヤー矯正と同じくらい、もしくは短めとなるケースが多いようです。

インビザラインの治療が効率よく進む理由

インビザライン®の治療期間は症例によって異なりますが、だいたい1〜2年半くらいです。早いケースでは数カ月で終わることもあります。インビザライン®の治療が効率よく進む理由として次のようなことが挙げられます。

デジタル技術で早い

デジタル技術で早い
インビザライン®のマウスピースを作るための型取りは、従来のようなドロドロの印象材ではなく、口腔内スキャナーiTeroで行われます。iTeroによる型取りの場合、一度歯を全体的にスキャンするだけで全てのマウスピースが作られます。
他のマウスピース矯正の場合には、歯が動くたびに新しいマウスピースを作る型取りが必要ですが、インビザライン®の場合には、歯の動く経路を正確に予測することが可能なので、その必要はありません。また、型取りデータは瞬時にアメリカのインビザライン®の工場へ送られ、3Dプリンターにより精密なマウスピースが短時間で作製されます。

最短ルートで歯を動かせるシステム

最短ルートで歯を動かせるシステム
インビザライン®では計算し尽くされた最短ルートで効率よく歯が動かせるシステムになっています。そのため、無駄な時間のロスがありません。

ご自分で治療を進めていくのでスムーズ

ご自分で治療を進めていくのでスムーズ
従来の矯正治療の場合は、歯が動くたびに歯科医院にて装置やワイヤーを交換、調整する必要がありました。ですが、インビザラインの場合、あらかじめ受け取ったマウスピースを次の段階のものに定期的に患者様自身が交換していくことにより、歯が動くシステムになっています。そのため、治療がスムーズに進んでいきます。

新着情報