0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

マタニティ歯科

赤ちゃんのお口の健康作りはお腹の中から始まります
マタニティ歯科

生まれてくる赤ちゃん、健康にスクスク育ってもらいたいですよね。子どもの健康にとって、お口が健康であることはとても大事なことの一つ。ですから、赤ちゃんが生まれたらお口のケアをしっかりとしてあげたいものです。でも、実は妊娠中のお母さんのお口の健康状態が悪いと、お子さんの健康状態に影響を与えたり、虫歯ができやすくなったりすることがあるのをご存知ですか?
つまり、お子さんのお口の健康状態を良くしたいと考えるなら、お子さんがお腹の中にいる時から対策を始めるのがベストなのです。当院では、お子さんと妊娠中のお母さんのお口の健康を守るために、マタニティ歯科の取り組みに力を入れています。

お母さんのお口の状態が赤ちゃんに影響します

お母さんのお口の状態が赤ちゃんに影響します
妊娠中のお母さんに虫歯や歯周病があると、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が!
お母さんに虫歯があると・・・
赤ちゃんのお口の中には、生まれた時点では虫歯菌はいません。虫歯は虫歯菌によって起こされる病気ですが、その虫歯菌は通常、周囲の家族からうつります。特に赤ちゃんに接するのが多いのはお母さんですので、お母さんのお口に未治療の虫歯があると、赤ちゃんに虫歯菌を移してしまう可能性があります。

お母さんに歯周病があると・・・
お口の中の歯周病菌やその毒素が血管の中に入り込み、子宮収縮をうながして早産を起こすことがあると報告されています。歯周病菌が胎盤に感染した場合、胎児の発育を妨げることがあるとも言われています。重度の歯周病にかかっている人は、早産は低体重児出産のリスクが7倍高まるという報告もあります。

お口の環境が悪化しがちな妊娠期ほど、お口のケアが大切です

お口の環境が悪化しがちな妊娠期ほど、お口のケアが大切です

妊娠中は女性ホルモンの急増により、女性ホルモンを餌とする歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。またそれに加え、つわりで歯磨きがおろそかになる、食生活が不規則になる、といったような妊娠期特有の生活環境の変化により、虫歯や歯周病のリスクが非常に高くなりがちです。

実際、妊娠中に虫歯や歯周病が悪化してしまう方は多くいらっしゃいます。妊娠中には歯科治療を控えた方が良い、と思われていることがありますが、実際は、親知らず抜歯などのような外科的な処置を除き、多くの歯科治療は問題なく行うことができます。

もちろん、治療は妊娠時期や体調に合わせて無理のないように行うことが大切です。当院では妊娠期に健やかなお口が保てるよう、最大限のサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

マイナス1歳からの虫歯予防

お口の環境が悪化しがちな妊娠期ほど、お口のケアが大切です

お子さんが生まれる前から積極的に取り組む虫歯予防のことを「マイナス1歳からの虫歯予防」といいます。つまり赤ちゃんがお腹の中にいる時から始める虫歯予防への取り組みです。

もちろん、お腹にいる赤ちゃんに直接虫歯予防をすることはできませんので、実際に行うことは、お母さんの虫歯や歯周病に対するケアをしっかりと行うことで、間接的に赤ちゃんに虫歯ができにくい環境作りをしていくことをいいます。

マイナス1歳からの虫歯予防どんなことをするの?
検診
検診
検診は、ご自分の歯の健康を守るためにも、日頃から受けておくことが大切です。特に妊娠中は、お口の環境が悪くなりがちですので、妊娠がわかったら一度タイミングを見て検診を受けられることをおすすめします。

虫歯治療
虫歯治療
虫歯は日頃から予防、早期治療が望ましいですが、もし妊娠中の検診で虫歯が見つかったら、体調や妊娠期に合わせ、できる限り早めに治療を受けておくことをおすすめします。

クリーニング
クリーニング
妊娠中はお口の状態が悪化しがちで特に虫歯リスクが高くなります。そのため、プロのクリーニングを積極的に受け、虫歯リスクを下げておくと良いでしょう。

赤ちゃんが生まれる前にお口の状態をよくしておけば、お子さんに虫歯菌をうつすリスクを下げられるので安心です。また、出産後は赤ちゃんのお世話でお母さんも慌ただしくなります。出産後なかなか歯医者に行く時間が取りにくくなりますので、そういった意味でも、比較的時間の取りやすい妊娠中にお口の環境を整えておくのがおすすめです。

新着情報