0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

義歯(入れ歯)

オーダーメイドでご要望に沿ったピッタリの入れ歯をお作りできます
義歯(入れ歯)

入れ歯は、歯を失った時に入れる取り外し式の歯茎付きの人工歯で、歯を補う治療の中では最も古い歴史があります。入れ歯は適用症例が最も幅広く、ほぼ全てのケースに対応できるため、多くの人に選ばれている治療法でもあります。
入れ歯には「あまりよく噛めない」「年寄りっぽい」などあまりよくないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。でも最近では、様々なタイプの入れ歯が開発され、つけているのを忘れるほど満足度の高い入れ歯を入れることも可能です。
当院でも各種オーダーメイド入れ歯に対応しており、皆様のご要望に合わせた入れ歯をお作りし、ご好評をいただいています。

保険の入れ歯、自費の入れ歯からお選びいただけます

保険の入れ歯

保険の入れ歯
治療費が抑えられ、経済的ですが、使用できる材料や形態などがあらかじめ決まっているので、見た目や使い心地もそこそこで、満足が得られにくい場合もあります。部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯には残った歯にかかる「クラスプ」という金具が付き、手前の歯にかかると見えてしまいます。
メリット
  1. 治療費が安価で済む
  2. 修理が簡単にできる
  3. ほぼどんなケースにでも対応できる
デメリット
  1. 強度を増すために厚みが出て違和感が出やすい
  2. 食べ物の温度や味を感じにくい
  3. 人工歯がプラスチックなので、磨耗しやすい
  4. 人工歯がプラスチックなので、年数とともに変色する
  5. 部分入れ歯で金具が見えると入れ歯と分かってしまう
  6. 部分入れ歯の場合、金属アレルギーのリスクがある

自費の入れ歯

自費の入れ歯
保険の決まりに縛られず、自由に材料を選ぶことができるので、保険治療では使えないような、より良質な素材を使うことができます。また、様々な新しい技術や工夫を取り入れた入れ歯を作れるので、より、個人個人に合わせた、審美性や機能性に優れたオーダーメイドの満足度の高い入れ歯となります。

金属床義歯

見えない部分の多くが金属でできている入れ歯です。金属を使用することで、入れ歯を薄くでき、熱の伝わりがよくなるので、違和感の少ない、食事もより美味しくいただける入れ歯になります。

メリット
  1. 違和感が少ない
  2. 金属を多く使用するので強度に優れ、壊れにくい
  3. 食べ物の温度を感じやすく、お食事が楽しめる
  4. 人工歯としてセラミックを使用するので、すり減りにくい
  5. 人工歯がセラミックなので、色が変色せず、きれいな見た目を保ちやすい
デメリット
  1. 保険がきかないので治療費が高め
  2. 金属アレルギーのリスクがゼロではない

ノンクラスプデンチャー

通常だとクラスプ(金具)が必要になる部分入れ歯で、クラスプを使用しないものです。それだけではなく、使用する素材もフィット感に優れる樹脂を使用しており、使い心地も良いのが特徴です。見た目が自然なので、年齢の若い方にもよく選ばれています。

メリット
  1. 金具を使用しないので、見た目が自然で審美的
  2. 金属を使用しないので、金属アレルギーのリスクがない
  3. フィット感に優れ、使い勝手が良い
  4. 若い方でも抵抗なく入れやすい
デメリット
  1. 保険がきかないので治療費が高め
  2. 修理が難しいことがある

入れ歯も定期的なメインテナンスが必要

入れ歯も定期的なメインテナンスが必要
入れ歯は人工物なので、定期検診はいらないと思われがちで、一旦入れたら壊れるまで歯医者に行かない、という方もいらっしゃいます。ですが、入れ歯というのは、使っていくうちに人工歯がすり減ったり、歯茎が痩せてしまって、入れ歯と粘膜の間に隙間ができ、合わなくなったりします。
そうするうちにだんだんとフィット感が失われて外れやすくなったり、痛みが出たり、あごの骨がさらに痩せてしまったり、周囲の歯にダメージを与えてしまったりする原因になります。
定期的にメインテナンスをすることで、入れ歯を調子良く使いつづけ、入れ歯の寿命を長くすることも可能です。ぜひ、入れ歯もご自分の歯と同様、定期的なメインテナンスを受けるようにしましょう。

新着情報