0587-95-7100
ネット予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

一般歯科

虫歯・歯がしみる・歯が欠けた、詰め物が取れた・・・等のお悩みを解決します
一般歯科
一般歯科というのは、普通の歯医者で行っている虫歯治療や詰める治療、被せる治療といった、歯科の一般的な治療のことです。通常は保険で行う歯の治療のことを言います。歯のトラブルは突然起こることが多いものです。何か異変があったら、被害を最小限にするためにも早めの治療が肝心です。当院では、治療をなるべくストレスなく受けていただくために、そして大切な歯を長持ちさせられるよう、様々な工夫を行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

当院の虫歯治療

当院の虫歯治療

痛みを抑えた治療

麻酔時の工夫

痛みを抑えた治療
歯を削る際の痛みは、麻酔をすることで感じないようにすることができます。ですが、麻酔の注射が苦手、という方も少なくありません。そこで当院では麻酔時の注射の痛みをなるべく起こさないように、次のような工夫を行っています。
歯茎の表面に表面麻酔
歯茎の表面に表面麻酔
注射針がチクッとする感覚を鈍くするために、歯茎の表面に表面麻酔を施します。

極細針の使用
極細針の使用
注射針が太いほど痛みを感じやすいため、当院では可能な限り細い注射針を使用しています。

麻酔液の温度のコントロール
麻酔液の温度のコントロール
麻酔液が冷えていると、体内に麻酔液が入る際に痛みを感じるので、あらかじめ麻酔液を体温程度に温めておきます。

麻酔液が入る圧をコントロール
麻酔液が入る圧をコントロール
麻酔液を一気に注入すると痛みを感じやすいため、圧をかけすぎないように麻酔液を注入します。

痛点を避ける
痛点を避ける
お口の粘膜には、痛みを感じやすい場所があります。そのような痛点をできるだけ避けて麻酔薬を注入します。

歯を削る際の工夫

歯を削る際の工夫
不快な音や振動を最小限に
不快な音や振動を最小限に
歯を削る際に不快な音や振動があると、ストレスや恐怖心から痛みを感じやすくなります。そのため、なるべく不快な音や振動を抑えながら治療を行います。

新しいバーを使用
新しいバーを使用
歯を削る刃物の部分「バー」が古いと、削る際に摩擦が生じて痛みを感じやすくなります。当院では新しいバーを使用しますので、そのような痛みは感じにくくなります。

削る量を最小限にした治療

歯は削ると悪くなってしまう!

歯は削ると悪くなってしまう
一昔前までは、「疑わしい部分は削る」というのが歯科界の常識でした。しかし、近年、歯は削れば削るほど弱くなり、歯の寿命が短くなってしまうことがわかってきました。そのため、現在では、極力削らず、なるべく多くの歯質を残す、というのが主流になっています。
もちろん、本格的に虫歯になっている部分は汚染されていますので、取り除かなければなりません。ですが、そうでない部分は、少しでも多くの歯質を残すよう、細心の注意を払って治療を進めていきます。

初期虫歯は削らず様子を見ます

初期虫歯は削らず様子を見ます
虫歯は進行性の病気で、様々な段階があります。虫歯というのは、歯の表面が虫歯菌の出す酸によって徐々に溶かされて穴が空いていく病気ですが、その最初の段階は「初期虫歯」と呼ばれ、歯のカルシウム分が抜けてしまっている状態です。この段階の虫歯は、丁寧なケアで本格的な虫歯にならないことがわかっていますので、当院では入念に経過観察、フッ素塗布などの適切なケアを行うことでなるべく削らずに保存していくことを目指します。

削る量を最小限に治療します

削る量を最小限に治療します
虫歯の治療では、削る部分が多いほど、詰め物や被せ物の範囲も大きくなります。詰め物や被せ物をすると、多くの人が「これで治った」と思いがちなのですが、特に保険の詰め物や被せ物というのは、材料の劣化によって後に虫歯が再発することが少なくありません。そして、その度に削る量が増えていくと、歯はやがて残せなくなってしまいます。そのため、当院では、なるべく削る量を最小限にして、大事な歯質をできるだけ温存し、歯の寿命を延ばすように心がけています。

虫歯は早期発見・予防が大切です
虫歯は早期発見・予防が大切です

虫歯は「できてしまってから治療する」、という方が多いのではないでしょうか。確かに虫歯はできてからの治療も可能ではありますが、進行しているほど治療に痛みが伴いやすく、回数や金額もかさみやすいものです。また、このような治療の受け方では歯の寿命も短くなりがちです。

虫歯というのは、初期の頃には症状をあまり出さないので、ご自分で気づかないうちに虫歯が進んでいることがほとんどです。そのため、虫歯をできるだけ早期に発見するためには、定期的に検診を受ける必要があります。

また、一度治療したところは虫歯が再発することも珍しくないため、予防歯科を実践することで、積極的に虫歯を予防していくことも大事です。ご自分の歯で一生過ごせるためにも、定期的に検診、予防歯科を受けていただくことをおすすめします。

より審美的、健康的に
治療をしたい方は審美歯科がおすすめ
より審美的、健康的に治療をしたい方は審美歯科がおすすめ

一般歯科では、保険の材料を使用しますので、リーズナブルに治療を受けることができます。しかし、保険の材料は審美的、材質的な面で問題が出てくることがあるため、より審美的で健康的な治療をご希望の方は審美歯科での治療をおすすめしています。

新着情報